DMTF管理テクノロジーダイアグラム

DMTFの各種標準は、クラウド環境を含む今日の複雑なインフラストラクチャの各レベルにおける管理を簡単にします。このアニメーションは、DMTFの各種標準がこれをどのように実現するかをわかりやすく説明しています。

Copyright © 2014, Distributed Management Task Force Inc.


図の下部に示されているものはデータセンターに設置されている物理コンポーネントで、管理者はこれらを、サーバー・ハードウェア向けシステム管理アーキテクチャーSMASH)及びStorage Networking Industry Association (SNIA)のストレージ管理イニシアチブ (SMI-S)を介して運用管理します。

仮想化レイヤーの管理は、オープン仮想化フォーマット(OVF)(英語)や仮想化管理(VMAN)などの標準によってサポートされます。クラウド・インフラストラクチャは、オープン仮想化フォーマット(OVF)(英語)及びクラウド・インフラストラクチャ管理インターフェース(CIMI)によって管理されます。また、エンドユーザーのデバイスは、システム・ハードウェア向けデスクトップ・モバイル・アーキテクチャー(DASH)に含まれる一連の仕様によって管理されます。

共通情報モデル(CIM)、Webベースのエンタープライズ環境の管理(WBEM)及びWebサービス・マネジメント(WS-Man)を含む、ツールボックスに含まれる主要な標準は、大半の他のDMTF標準の基礎となるオブジェクト(または、これらのオブジェクトへの参照を含む)を定義しています。

DMTFはまた、「クラウド構成要素」のためのインフラストラクチャ管理ソリューションの仕様を提供しています。これらには、共通診断モデルCDM)、プラットフォーム管理機能間通信(PMCI)及びシステム管理BIOSSMBIOS)が含まれます。同様に、SMASHSMI-Sはサーバー・ハードウェアとストレージ・ハードウェア内の管理のために使われます。

DMTFの各種標準はエコシステム全体の効果的な管理を可能にします。各標準に関する詳細は、DMTFの標準とテクノロジーのページで解説されています。