アライアンス・パートナーの提携合意文書

アライアンス・パートナー活動の登録プロセス

初版は2006年6月8日にDMTF理事会が承認したものですが、最新版のDSP4003 v1.3.0 (アライアンス・パートナー登録プロセス定義文書)(英語)はアライアンス・パートナー活動の登録がどのように行われるか、ならびに、登録が承認されて提携関係が確立するまでに必要な一連の手順を定義しています。この文書はまた、登録を更新するプロセスについても説明しています。

現在登録されているアライアンス・パートナー

DMTF CR(変更要求)ツール

アライアンス・パートナーによるDMTF CIMスキーマの継続的な開発を支援する目的で、スキーマ小委員会はダウンロード(38MB .zipファイル)可能なCRツールを提供しています。このツールは、最新版のCIMスキーマがリリースされるたびに更新されます。CIMスキーマに対するCR(変更要求)を生成する際は必ず最新版のCRツールを利用していただくようにお願いいたします。

アライアンス・パートナーリソース

いくつかのアライアンス・パートナーはDMTFコミュニティとリソースを共有することを選択しています。アライアンス・パートナー・リソースページの特集記事にはOGFからのSCRM Wikiや、The Open Group、NACならびにDMTFが共同でリリースしたCoreIDビジネスシナリオ文書が掲載されています。

活動登録テンプレート

2008年8月19日にDMTF理事会は新しい活動登録テンプレート(PDF、英語)(.doc書式でも提供中)を承認しました。このテンプレートは、DMTFと新規のアライアンス・パートナーが提携関係に関して、その範囲、マイルストーンならびにその他の情報を定義することを手助けするものとして利用可能になっています。

アライアンス・パートナーになる

DMTFは関連する業界組織と協調することに重視しています。また、アライアンス・パートナーを会員として受け入れることは、DMTFが他の標準化組織と共に働く関係を正式なものとするひとつの方法です。標準化活動の分野における非営利組織に限定されますが、アライアンス・パートナー・メンバーのレベルは会費が無料です。アライアンス・パートナー・メンバーは投票権のないメンバーとしてDMTF作業部会に参加し、またDMTFマーケティング委員会、ならびに技術委員会に参加することができます。アライアンス・パートナー・、メンバーはまた、DMTFの会員専用Webサイトへのアクセスや会員向けのメーリングリストへのアクセスが提供されます。この会員分類は役割を明確にすると共に、そのような組織とDMTFの間の相互利益を提供することを意図したものです。アライアンス・パートナー会員制度はDMTFが管理イニシアチブの統一化とより確かな提携関係を醸成することを支援するものです。

アライアンス・パートナー・メンバーになるための詳しい情報については、DMTF事務局にお問い合わせください。