DMTF

Distributed Management Task Force, Inc.

最近のニュース

Jun
22

DMTFはこれまでDMTF標準仕様を使ったオープンソースプロジェクトを歓迎してきました。また、継続的かつ活動的にオープンソースコミュニティとコラボレーションして、フィードバックを募ったり相互接続性を強化してきました。DMTFはこれらのプロジェクトの増加に伴って新たなウェブページ(英語)を開設し、オープンソースプロジェクトをまとめて閲覧できるようにしました。

Jun
01

積極的な開発計画が継続中のRedfish標準の重要な改訂版が入手可能となりました。最新版のRedfishスキーマ2017.1版(ここ からダウンロード可能)と、Redfish仕様 の1.2.0版はコンポーザブルインフラストラクチャのサポートを含むいくつかの拡張を含んでいます。

Apr
04

2017年11月26-30日、東京新宿区の早稲田大学で開催される第13回 International Conference on Network and Service Management(CNSM)は、ネットワークとサービスの管理、パーベイシブシステム、企業、クラウド・コンピューティング環境のあらゆる側面をカバーするカンファレンスです。本カンファレンスは採択競争率が高く、単一トラックで開催されます。コアトラックの他に、複数のワークショップとポスターセッションも開催されます。 CNSMは、ネットワークおよびサービス管理研究分野でのオリジナルペーパの投稿を歓迎します。

Mar
14

米国DMTFメンバー企業の現地従業員は、DMTF日本支部やDMTF中国リージョナル・チャプターの活動に会費無料で参加できることをご存じですか?

Oct
24

DMTFはグローバルな標準化の試みをサポートすることに取り組み、全世界のユーザーと開発者へリソースと情報を提供しています。DMTFでは、活発なChina Chapterと日本支部があり、それぞれ中国語および日本語ウェブサイトを公開しており、そこでDMTFの文書や仕様の翻訳にアクセスすることができます。

Oct
18

Redfish™ APIの開発をオープン化していくため、DMTFスケーラブル・プラットフォーム管理フォーラム(SPMF)はGitHub上のRedfishツール・リポジトリにおいて、多数の新しいツールを公開しています。DMTFはパブリックなGitHubの協調的なコミュニティ環境において、企業からのフィードバックとオープンソースへの貢献を募集します。

Oct
13

DMTFの新しいYouTubeチャネルでRedfish™について学びましょう!DMTFは、Redfish APIを含むさまざまなDMTF標準についてビデオと技術的なwebinarを提供する新しい手段を発表しました。

Oct
06

スケーラブルプラットフォーム管理フォーラム (SPMF)の努力によりDMTFの革新的なRedfish 標準日本語版)は、急速に進歩を続けています。現在の2016.2 (最近最終版がリリースされた)版までは、Redfishの作業は、TCP/IPベースのクライアントと管理コントローラの間のアウトオブバンドインタフェースを定義することに注力してきました。

Sep
19

DMTF標準 Simple Identity Management Profile(DSP1034)ANSI(American National Standards Institute:米国国家規格協会) のINCITS(International Committee for Information Technology Standards:情報技術規格国際委員会)によって採用され、情報技術-セキュリティ証明書管理(INCITS 539-2016) として発行されました。DMTF標準の国際的適用の動きが進んでいる中での最も新しいマイルストーンとなりました。

Aug
22

DMTFは、Cloud Infrastructure Management Interface (CIMI) 標準の最新版2.0を発行しました。さらに、CIMIインタフェースを使ったクラウドの利用者とサービス提供者のやりとりの一般的なシナリオを説明したCIMI プライマーの改訂を発行しダウンロード可能となっています。

Apr
27

DMTFの文書を読んでいて、用語や略語の意味が分からなかったことはありませんか? また、用語の定義が必要だったことは?このような時のために、Web版DMTF用語集(英語)を用意しました。

DMTF技術委員会によるDMTF用語集は数百の項目の用語定義を提供します。 用語を検索したり、一覧を見るにはこちらをご覧ください。

Jan
12

オープン・ソフトウェア・デファインド・データセンター(OSDDC)インキュベーターは、この度ソフトウェア・デファインド・データセンター(SDDC)に関するさまざまな業界標準を解説し、「ソフトウェア・デファインド・データセンターの定義第1版」   (日本語版) を発行しました。この文書はユースケース、定義を概観し、既存の標準仕様のギャップおよびSDDCの様々な実装のための可能なアーキテクチャーを明確化しています。

Nov
18

10月、東京におけるOpenStackサミットで、クラウド管理作業部会を代表してマーク・カールソンがDMTFのクラウド・インフラストラクチャー管理インターフェース(CIMI)のデモを行いました。2014年春にISO標準に採択されて以来、CIMIへの注目はますます高まっています。

Sep
14

DMTF日本支部の小川隆一氏が、9月14日、東京で開催された日本OSS推進フォーラムクラウド技術部会のライトニングトークセッションに登壇しました。OSSベースのクラウド・プラットフォームに係る、50名を超える技術者に対し、小川氏は、オープン仮想化フォーマット, クラウド監査データ・フェデレーション, クラウド・インフラストラクチャ管理インターフェースなどのDMTFのクラウド標準とイニシアチブについて解説しました。

Aug
04

DMTFは8月4日、パフォーマンス、機能性、スケーラビリティ、そしてセキュリティを向上させるための、データセンタとシステム管理の標準仕様である、Redfish 1.0の発行を公表しました。最新のスケーラブル・プラットフォーム・ハードウェアを簡単に相互接続可能に管理したいというエンド・ユーザの期待に応えるために、Redfishは普及しているテクノロジを活用して実装をスピードアップし、システム管理者をより効果的に支援します。

May
18

2015年5月18日、米国オレゴン州ポートランド発 ― DMTF は本日、クラウド・インフラストラクチャー管理インターフェース(CIMI)標準が国際標準化機構(ISO)および国際電気標準会議(IEC)により、ISO/IEC  19831:2015 として採択され、発行されたことを発表しました。

Jan
30

DMTFはスケーラブルプラットフォーム管理フォーラム (SPMF)  によるスケーラブルプラットフォーム管理API (SPMA)第0.94版の仕様、スキーマ、モックアップの草案を公開しました。SPMA 0.94には、業界からのフィードバックが反映され、以前のバージョンが統合されています。

Oct
24

2014年10月7日、オレゴン州ポートランド発 - IT業界とともにネットワークからアクセスするIT環境の運用管理のシンプル化をオープンで協調的な活動で促進する組織であるDMTFは、本日、新しく、スケーラブルプラットフォーム管理フォーラム(SPMF)を発足させることを発表しました。SPMFは、エンドユーザーの期待に合致するスケーラブルなプラットフォームハードウェアのシンプルで、近代的で、安全な管理について、オープンな業界標準仕様及びスキーマを策定し、発行することを目指しています。

Oct
07

DMTF日本支部は、第5回クラウドコンピューティングEXPO【秋】(クラウドジャパン 秋)の展示会に出展します。日本支部の代表者がクラウドコンピューティングにおける標準化の活動についてプレゼンテーションを行います。クラウドジャパンは、日本におけるクラウドコンピューティング製品とサービスに関する最大のイベントとして注目されており、ソフトウェア、ソリューション、アプリケーション及びハードウェアを含むクラウドコンピューティング産業全体が一堂に出展します。

Aug
25

8月14日(米国西部時間)に開催された「DMTFネットワーク管理イニシアチブ - NETMAN (DMTF Network Management Initiative - NETMAN)」及び「DMTFに参加することの価値(The Benefits of DMTF Membership)」に関するWebinarが、DMTF学習センターのDMTF Webinarライブラリからオンデマンドで利用可能になりました。

Aug
25

米国オレゴン州ポートランドで開催された7月度の理事会において、DMTF理事会は組織をリードする新しい体制を任命しました。DMTFは新体制の下、引き続き、相互運用可能な運用管理標準の策定と、国際的な適用の推進を行っていきます。DMTFは8月1日から組織をリードする新体制の発足を心から歓迎します。

Jul
01

米国中部時間の去る6月24日午前9時、DMTFのCADF作業部会の共同副議長であるMatt Rutkowski(IBM)による「クラウド監査データ・フェデレーション(CADF)仕様を使用してクラウドへの信頼を確立する(Establishing Trust in Clouds Using the Cloud Auditing Data Federation Specification)」と題したプレゼンテーションがDMTF学習センターから中継されました。プレゼンテーションは録音されており、DMTFの学習センター(英語)のBrightTALK上でオンデマンドで視聴することができます。

Jul
01

2014年6月24日、オレゴン州ポートランド発 - IT業界とともにITインフラストラクチャの運用管理標準の開発、検証及び普及を進める組織であるDMTFは、本日、DMTFの最新の標準であるクラウド監査データ・フェデレーション(CADF)データ書式及びインターフェース定義第1版をリリースしたことを発表しました。CADF標準は、書式に留まらず、クラウド環境におけるアプリケーションのセキュリティを認証、自己管理及び自己監査する上で要求される必須データを供給するために、誰でもが利用できる完全なイベントモデルを定義しています。

Jun
09

2014年5月20日、オレゴン州ポートランド発 - IT業界とともにITインフラストラクチャの運用管理標準の開発、検証及び普及を進める組織であるDMTFは、本日、DMTFの仮想化管理標準(VMAN)が国際標準化機構(ISO)及び国際電気技術委員会(IEC)からISO/IEC 19099として採択されたことを発表しました。これは、DMTFのIT管理標準を目指す継続的な活動の世界的な適用が加速されていることを意味します。

Apr
24

DMTFのクラウド監査データ・フェデレーション(Cloud Auditing Data Federation)作業部会(CADF)の共同議長でIBM のシニアエンジニアであるMatt RutkowskiがOpenStack Summitで「OpenStack向けのクラウド監査支援の概要(An Overview of Cloud Auditing Support for OpenStack)」セッションに登壇することが決まりました。セキュリティ、運用及びビジネスのプロセスに関するコンプライアンス監査機能の提供は、 いかなるクラウドインフラストラクチャにとっても重要です。Mattは、DMTFのCADF標準を用いたAPIとセキュリティ監 査を支援するためにOpenStackプロジェクトにおいて実施された最近の拡張の概要について説明します。

今回のOpenStack Summitは5月12日から16日まで、米国ジョージア州のアトランタで開催されます。本イベントに参加して、DMTFのCADF標準が OpenStackプロジェクトをどのように支援しているかについて、この機会にぜひ理解を深めてください。
 

Mar
27

IT業界とともにITインフラストラクチャの運用管理標準の開発、検証及び普及を進める組織であるDMTFは、本日、共通診断モデル(CDM)の第1版と第2版の仕様に対して、その実装を検証するために設計された、新しい適合性検証環境が利用可能になったことを発表しました。

Mar
04

DMTF運用管理 テクノロジーを アニメーションで説明するダイアグラムがDMTFのWebサイトで公開されました。このダイアグラムは、DMTFの各 種標準がクラウド環境を含む今日の複雑なインフラストラクチャの各レベルにおける管理をどのように簡単にするかに関するハイレベルなビューを提供 します。

Jan
14

DMTF日本支部の大西基一郎氏(日本HP)が日本語サイトの整備やドキュメントの翻訳、CIRRUSワークショップでの講演をはじめとする支部活動への多大な貢献により2013 DMTF Star Award を受賞しました。

Oct
07

DMTF日本支部は、2013年7月24日に京都で開催された第2回CIRRUSワークショップで、従来型IT、プライベートクラウドやパブリッククラウドを組み合わせて最適なITサービスを提供しなければならない企業ITの観点から標準化の重要性を強調すると共に、CIMIをはじめとする標準化の取り組みについて紹介しました。

Jul
30

DMTFとSNIAは、3種類のクラウド標準仕様(CIMI、OVF、CDMI)を同時に使ったクラウド管理の相互接続デモに成功しました。

Jul
12

DMTFの技術説明を含む多数のページが日本語で読めるようになりました。

また「クラウド管理のアーキテクチャ」と「Cloud Infrastructure Management Interface (CIMI) 入門」の日本語版を公開しました。

May
28

システム・マネジメント標準の策定、検証、推進、採用のため協力するIT企業の団体であるDMTFは、ソフトウェア・デファインド・データセンターの管理標準に取り組むためのグループを作成しました。

Apr
04

日立製作所とテレコム・イタリアが理事会メンバーに加わることで、DMTFはさらに国際的になります

Feb
07

DMTFはCIM(Common Information Model)およびMOF(Managed Object Format)スキーマ記述言語の第3版をリリースしました。

Dec
04

Distributed Management Task Force (DMTF)は12月4日から6日の期間、東京においてCloud Infrastructure Management Interface (CIMI)仕様を実装したクラウドの相互接続試験を行います。

Oct
29

クラウド・コンピューティングは、広範で多岐にわたる技術・管理要素で構成されます。今後の普及を促進するために、標準化の役割が大きいのは言うまでもありません。DMTFは、OGFやSNIAと互いに補完しあいながら、クラウド管理の標準化に取り組んできました。SNIAの日本での活動母体であるSNIA日本支部は、発足10周年に当たり11月30日(金)13時より.記念イベント(場所:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター)を開催しますが、DMTFは招待講演の依頼を受け、最近発表したクラウド管理の標準化に関する講演を行います。

Sep
21

DMTF日本支部は、東京ビックサイトで開催される日経BP社主催の ITpro EXPO Cloud Days Tokyo 2012において、10月12日にパネルディスカッションと講演を行いました。両セッションとも多くの方にご来場をいただき、会場は満席状態でした。ありがとうございました。

Aug
29

DMTFは、Cloud Infrastructure Management Interface (CIMI)仕様を公開しました。 この新しい標準仕様は、クラウドに対する操作を標準化することで、相互運用が可能なクラウド・インフラストラクチャ管理を実現します。

Jul
09

DMTFはクラウド管理標準の開発と適用に関して、クラウド間協調方式の標準化を推進するGlobal Inter-Cloud Technology Forum (GICTF, グローバルクラウド基盤連携技術フォーラム) を連携パートナーとすることを発表いたしました。

Oct
11

日本におけるクラウドやシステム管理ソリューションの需要拡大に対応

IT業界のユーザーおよびベンダーの連携によりクラウドやシステム管理標準の策定・実証・普及・採用に取り組むDistributed Management Task Force, Inc.(DMTF®)は、日本での活動を強化し、国際的な標準化活動をサポートするため、本日より日本支部の活動を開始します。